脳梗塞にならないために|メリハリのある生活をしよう

女性に多い血管の病気

カルテ

40歳以上の女性が発症することが多いのが下肢静脈瘤です。これは足の静脈の弁が壊れて血液が溜まりその部分の皮膚が膨れる病気です。治療は血管内レーザー治療が主流でこれはカテーテルを使ってレーザーで血管を焼く手術です。手術は1時間程度で終わります。

もっと見る

頼りになる存在です

男性医師

病院は病気や怪我をしてしまった際に、とても頼りになる存在であるのは言うまでもありません。インターネット上には病院に対する口コミが多数アップされていますから、それらを参考にして距離が近くて対応の良い病院を見つけるようにしましょう。

もっと見る

脳に起こる重大な病気

車いす

生活習慣病が原因

生活習慣病と呼ばれる糖尿病や高脂血症、高血圧、肥満などは悪玉コレステロールや中性脂肪が増加することによって起こる病気です。悪玉コレステロールや中性脂肪が血管にこびりつくことで血流を阻害してしまいます。これにより、動脈硬化を発症してしまい、これは血栓を作る原因ともなるのです。血栓は、脳の血管に入り込み奥の細い部分で詰まってしまいます。血流が止まることで、脳細胞に酸素や栄養が届かなくなりその部分が壊死してしまうのです。ダメージを受けた脳細胞は再生することが出来ないので、その部分の機能は失われます。それにより体などに様々な障害が現れるのです。これが脳梗塞と呼ばれる病気で、現代では増加する傾向にあり問題となっています。

後遺症が残る場合も

脳梗塞の初期症状で最もわかりやすいのが、顔の変形です。脳の機能障害で口が大きく曲がってしまったりします。また意識が朦朧としたり歩行もおぼつかなくなったりします。この症状が現れたら、すぐに医師の診察を受けることが大切です。治療が遅くなると脳のダメージが広がって後遺症が残ったりします。脳梗塞は症状が起きてから、数時間以内に治療を受けることが大切です。クリニックでは血管に詰まった血栓を溶かしたりする治療が行われます。後遺症は、片方の手足の麻痺や言語障害、記憶障害などがあります。なかには、全身が麻痺してしまうケースもあります。これらの後遺症は、リハビリテーションで回復をはかります。脳梗塞は早期発見、早期治療が大切な病気です。

人工的に血液を循環させる

病室

透析療法には様々な種類の治療方法があり、体に負担がかからないように近くの治療院を選択する事が大切です。岡山には多くの透析治療を行っている病院があるので、自分の症状に合った治療方法を探し、治療する事が大切です。

もっと見る

Copyright © 2016 脳梗塞にならないために|メリハリのある生活をしよう All Rights Reserved.